恋人との復縁を遠ざける二大タブー

恋人との復縁を遠ざける二大タブー

 

1. 何度も相手に連絡をしてしまう

気持ちが焦ってしまい、相手への気持ちが強いあまりに何度も連絡を入れてしまったり、一生懸命相手に話を聞いてもらおうとしてしまう人がいます。
これは相手への気持ちの強さが生んだ行動でも、復縁には逆効果になってしまいます。
復縁にあたっては、相手に警戒されない事、また、相手が冷めてしまわないようにすることが大切なのです。

 

 

そんな失敗をしないためにも、復縁に成功した人のアドバイスを受け入れてみましょう。
それは、冷却期間で復縁できたということです。

 

それまでは、恋人として当然だったメールのやりとりも、別れの直後には辛い思い出となってしまっています。
ついつい連絡を取ろうとしてしまう気持ちも、相手を想っているならば我慢しなければなりません。

じっと待つことで、復縁の成功率はぐっと上がるのです。

 

相手と連絡を取り合っていない間、「こんな状況では忘れられてしまう!」と焦ってしまうかもしれません。
しかし、実際にはそれこそ一番復縁に近い道なのです。落ち着いて、じっと待ってください。

 

 

人は、追われれば逃げたくなり、今まで迫ってきていた人から急に連絡が来なくなると相手の事が気になってしまうという性質を持っています。

何もしなくても、あなたからはどんどん連絡が入ってくる。
そうなれば、相手にとってあなたからの連絡はさほど大切なものでは無くなってしまい、つい受け流してしまいます。
次第に返事をすることも面倒になってしまい、避けようとする可能性まで出てきます。

逆に、あなたから長く連絡がない時にほんの些細なメールでも来たら、久しぶりに話をしたいという気持ちになってくれます。

なぜ連絡を取らない期間=冷却期間が重要なのか、お分かりいただけたでしょうか。

 

 

しばらくの間、相手と連絡を取らない。

難しいかもしれませんが、自分をコントロールしなければなりません。
まず第一に、これを守るようにしましょう。

 

 

 

2. 恋愛感情を伝えてしまう

少なくとも、恋人同士や友人、知り合い間の間ではとても嬉しいことであると思います。
ですが、相手と別れた直後にこれをしてしまうと、煩わしく思われてしまうこともあります。

 

別れの直後には、相手は出来るだけあなたの事を考えまいとします。
あなたの事を考えて辛い気持ちになってしまうのを無意識に避けているのです。

 

「飽きたから」などという理由で別れることは基本的にありませんし、当然ですがあなたの気持ちを考えてくれてもいます。

 

別れによって、辛い気持ちを抱くことが一旦解決したと思っている時に恋愛の話をされたらどう思うでしょうか。

抑えきれない恋愛感情は復縁パワーストーンに願いを込めて
解放してあげましょう。
先に述べた通り、相手が冷めてしまう行動は避けなければなりません。

 

最後の一押しとして絶対に必要な場面が来るまでは大切に取っておきましょう。

 

 

 

復縁占いで復縁確率を診断♪

生年月日


性別
女性 男性

振ったのは
あなた お相手 自然消滅