冷却期間で恋人と復縁できた

冷却期間で恋人と復縁できた

 

復縁を願っている時に相手と話をしたいと思うのは当然です。

 

・相手が自分の事を忘れてしまっていることを恐れる気持ち。
・相手に新しい恋人が出来てしまうのではないかと焦る気持ち。
・そして、相手に自分が今思っている復縁についての事を伝えたいという気持ち。

 

様々な不安や思いを確認したい為に、相手に連絡をしたくなってしまうのは自然な欲求だと思います。
相手からの反応があれば、短い間でも安心はできますし、連絡を取り合うことから復縁出来るかもしれない…なんて、淡い期待も抱けます。
しかし、

焦って行動してしまう事はあなたを復縁から遠ざけてしまいます。

出来る限り衝動は抑え、冷静に行動しなければならないのです。

 

 

別れの直後は、自分がどう思っていようと相手はあなたの事を避けようとします。
そんな時しつこく連絡してしまえば、相手も鬱陶しい気持ちでいっぱいになってしまいます。
相手から完全に嫌われてしまっては、復縁は望むべくもありません。

 

 

今までは恋人として当然と思っていたような連絡でも、今では我慢しなければなりません。
もしも逆の立場だったとしたら、あなたはどう思うでしょうか。
避けたいのに何度も連絡を入れられて、苛立ってしまうのではないでしょうか。
相手との関係、つまり恋人か、友人か、他人かによって踏み込まれても構わない領域は全く異なります。
残念ではありますが、別れた以上、あなたの立ち位置は少なくとも恋人未満なのです。
あなたが恋人のような気持ちを捨てきれないで連絡を入れてしまっても、相手にとっては迷惑になってしまうかもしれません。

 

 

では、そんな時どう行動すべきなのでしょう。

冷却期間を置くのです。

 

 

少しの間は連絡を入れず、その間、相手と付き合っていた頃の自分の悪い点を改善しながらあなた流に復縁の手順を考えてみましょう。
別れの原因をじっくり考え、自分にも一端があるとしたらそれを改善することが大切です。
最終的に別れることになってしまったという事は、お互いにそれまでの関係を続けることが難しくなってしまったから。

つまり、表向きだけを改善してもまた悲劇を繰り返してしまうだけになるのです。

また、別れの直後、相手はあなたの事を忘れたいと思っています。これは、本心からあなたと縁を切りたいと思っているのではなく、相手が新しい生活を送ることに焦点を置いているから。
そんな中相手に連絡を入れ続けてしまうと、別れの後も付きまとわれているように感じあなたへのマイナスイメージが大きくなってしまいます

 

 

冷却期間は復縁に必要。不安になってしまう気持ちも当然あるでしょうが、ぐっと我慢して一切連絡を取らないようにしてください。

冷却期間を置くことが復縁への最短ルートなのです。

復縁占いで復縁確率を診断♪

生年月日


性別
女性 男性

振ったのは
あなた お相手 自然消滅